債務整理とは

借金をして、どうにも返せなくなってしまったときに頼りになるのが「債務整理」という手続きです。

 

債務整理には任意整理・民事再生・自己破産という主に3つの手続きがあり、また借金の利息率が法律で定める上限以上であった場合にはそれまでに払いすぎた利息分を過払い金返還請求により返してもらうこともできます。では、これらの手続きについて詳しく解説していきましょう。

 

任意整理

 

任意整理は裁判所などの公的機関に頼るのではなく、お金を貸した側と借りた側の話し合いで利息を小さくしてもらったり、支払いを延期してもらう手続きで、実際には弁護士に交渉を依頼することになります。任意整理のメリットは裁判所などの公的機関を通さないのでスピーディに手続きができることです。また、日数がかからないので弁護士費用も少なくて済みます。一方で、あくまで当事者間の話し合いですので、弁護士の実力が十分でない場合には良い条件が引き出せないこともあります。評判の良い弁護士に依頼するのがポイントです。

 

民事再生

 

次に、民事再生とは継続して収入が見込める人を対象とした手続きです。ポイントは住宅を手放すことなく生活を再建できることです。また、借金の元金を大きく減額することができます。一方、原則として3年間は一定額の返済を続ける必要があり、またその後の借り入れが非常に難しくなってしまうなどのデメリットもあります。

 

自己破産

 

続いて、自己破産とは裁判所ですべての借金を免除してもらうことができる手続きです。家や車などの財産を持っている場合には、基本的にお金に換えて借主に支払うこととなります。もっとも、すべての財産を失うというわけではなく、裁判所で決められている生活に最低限必要なものは手元に残すことができます。自己破産をするとその後5年から10年間は借り入れができなくなり、また手元に大きな財産が残らないので生活の再建が難しいので最後の手段といえるでしょう。

 

過払い請求

 

最後に過払い金返還請求ですが、こちらは弁護士に相談すれば無料で過払い額があるか算定してくれます。過払い額がある場合、弁護士に依頼すると戻ってきた額の20%程度を報酬として支払う必要がありますが、着手金は0円という法律事務所もたくさんありますので積極的に利用しましょう。

 

債務整理の利点と欠点を知っておくと便利

 

債務整理というものは借金関係ということは分かるのですが、ちゃんとした内容は知らないという人も多いかもしれません。一般的には自己破産が債務整理だというと分かってくれるのですが、さほど大事でもない債務整理も存在します。簡単な債務整理としては過払い金請求というものがあり、これはCMなどで最近よくやってます。また任意整理や個人再生なども債務整理にあたり、基本的には借金の返済が楽になるという種類のものとなっています。

 

これらの債務整理にはメリットと同様にデメリットも存在します。債務整理に関してはまず一番のメリットとして借金の見直しが行われるために、返済額や金利が減るというメリットがあります。過払い金請求に関しては払い過ぎた金利分が返還されるのでその分のお金が戻ってきます。また任意整理となると弁護士さんと債務先の会社と手続きをして借金の見直しをすることができるので、これによって返済がかなり軽くなることもあります。個人再生については住宅を残しながら借金の圧縮が出来るようなりますし、自己破産は財産などの放棄の代わりに借金がすべて免責されるというメリットがあるのはよく知られています。

 

これらの債務整理を考えると様々なメリットが存在しているためいいことだらけだと思われますが、しかし相応のデメリットも存在するので覚えておきましょう。一番のデメリットとしてはクレジットやキャッシングなどの新規申し込みが長期間できなくなるという点でしょう。これらの債務整理の情報は信用情報機関に登録されるのですが、やはり一度借金などの金融トラブルを起こしたという点で、信用をベースとするクレジットやキャッシングに関してはネガティブな属性が付いてしまいます。これらの債務整理の情報に関しては5年以上もデータに残ってしまうので、しばらくは新規申し込みが出来ないと思ってください。このように債務整理の利点と欠点はそれぞれにバランスよく出来ているので、まずは専門家に相談をするのがおすすめです。

 

債務整理を検討するときに考えるべきこと

 

すでの複数の金融機関から借入があるという人で、借入の返済が苦しくなってきており遠くない未来に返済が滞ってしまう可能性が高くなっていたり、すでに借入の返済が滞ってしまっているという場合には債務整理を検討すべき時になっているといっていいでしょう。

 

債務整理を検討する前に債務整理とは違って利用のデメリットがほとんどないおまとめローンを利用するという方法もありますが、おまとめローンを利用するには通常の借入時の審査と比較しても格段に難しい審査を通過しなければならないので、実際にはおまとめローンを利用したくても利用できないことがほとんどです。

 

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と種類がありますが、それぞれの借入の返済の状況やそれぞれの収入があるかどうかなどで利用する債務整理は違いができてきます。

 

しかし、おまとめローンのようにいくら利用したくでも利用できないということはほとんどないと考えられます。どの債務整理の方法を利用するかを考える上でもっとも大きな要素となるのは収入があるのかないのか、収入がある場合にはその収入のどのくらいを返済に充当することができるのかになってきます。

 

例えば、返済したくとも収入がまったくない、または収入があっても少なすぎて返済に充当できる分はないと判断される場合には自己破産を選択することになるでしょうし、収入がそれなりにあるという場合には任意整理ということになるでしょう。自己破産以外の債務整理では借入額を大幅に減額したうえで借入の完済を目指す制度です。

 

ただし、債務整理でも任意整理は裁判所が関わらない手続きであるので、依頼する弁護士や司法書士などの能力によって借入額の減額には大きな違いが出てきます。簡単に言えば、能力のある弁護士や司法書士に依頼すれば大幅に借入額が減額されることが可能ですが、能力のない弁護士や司法書士では大きな減額にならないこともあるということです。