自己破産すると家族に知られるのか?

 

内緒で自力では返済不能な借金を抱えてしまい、自己破産するしかないと言う時に困るのが家族バレです。
何とかバレずに自己破産しようと思っても、現実的には難しいです。

 

もし家族と一緒に自宅に住んでいる場合、自己破産するとその自宅は差し押さえとなってしまいます。
家族からなぜ差し押さえされたのか追及されるため、ウソを突き通すのは難しいです。

 

その他にも自己破産では同居家族の収入証明書類の提出が求められます。
家族に内緒で準備するのは難しいです。
例え準備出来たとしても後で収入証明書類をどこかに提出したことがバレると大変です。

 

家族と別居しており一人暮らしと言う場合でも、自己破産はバレることがあります。
自宅が差し押さえされた場合はどこかに引っ越ししないといけないです。
なぜ住所が変わったのか家族から追及される可能性が高いです。
差し押さえされた住宅は競売にかけられるため、競売物件として広告が載ります。
その広告を家族が見たら差し押さえされたことがバレてしまいます。

 

自宅では無く賃貸に入居しており、家族と同居していないと言う場合なら競売にかけられることも家族の収入証明書類の提出も無いです。
その代わりに官報に住所氏名が載ります。
最近ではインターネットで官報の全文を検索することが可能です。
しかしわざわざ検索してまで官報を見る一般の方は殆ど居ないです。
官報から家族にバレる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

 

家族が連帯保証人になっている場合はまずバレます。
それは本人は自己破産で全ての借金返済から免れても、連帯保証人は免れないからです。
債権者から一括請求が来るため、自己破産を隠し通すことは出来ないです。

 

自宅が無く賃貸暮らしで家族と別居しており、家族が連帯保証人では無いと言う場合ならある程度隠すことが可能です。
しかし自己破産するしかない状況まで追い込まれている場合は家族の協力が不可欠です。
バレるかバレないか気にしながら自己破産の手続きを進めるより、思い切って相談し協力を求めたほうが良いでしょう。