借金返済辛い、もう返すお金がないとお困りなら債務整理という方法があります

消費者金融で借りたけれど、毎月の返済が苦しくて苦しくてもうダメだ。。

 

 

あなたは今多重債務で悩んでいますか?
モビットやアコム、プロミスなどの消費者金融やカードローンで限度額まで借りて毎月の返済に苦しんでいるのでしょう。

 

毎月の返済金額と収入がつり合わず滞納や延滞して遅延損害金が発生したりすると精神的にも追い込まれ辛くストレスでいっぱいになるのではないでしょうか。

 

総量規制の法律が出来てからは借金で自殺をする人の数は少なくなったものの、まだまだ借金で死を考える人もいます。

 

自殺まではは考えないとしても借金の事を考えれば気持ちが暗くなりますね。

 

あなたが借金が辛すぎてお手上げだというのならば借金を減らす方法があるので借金相談をするのがいいでしょう。

 

任意整理、自己破産、特定調停、などあなたに合った債務整理の方法が分かります。

 

匿名で相談出来ますし、タダで相談出来るんです。

 

相談しないまま借金の苦労を続ける事もいいですが、匿名で相談してわずか数十万でも減らせればラッキーです。

 

▼街角相談▼

 

 

 

>>【街角法律相談所】無料借金減額シミュレーター

 

>債務整理について詳しくはこちら

 

私の借金生活後の債務整理経験談

 

私は26歳の会社員です。学生時代からスロットが好きで毎日通っていました。社会人になり、そのギャンブル癖は治らず、休みの日は必ずといって良いほど通っていました。当初は生活に支障が出ない程度に投資を行っておりましたが、そのうち生活費が足りなくなるほど投資をするようになりました。

 

これが私の借金生活の始まりでした。

 

最初は銀行からお金を仮、そのときにギャンブルはやめようと思いましたが、簡単にはやめることはできませんでした。
その後、借金を重ね現在に至ります。年収は300万円、数々の消費者金融から借り続け、250万円の借金を作ってしまいました。

 

自転車操業を続けていた私はこのままではキリがないと思い、法律事務所へ相談に向かいました。

 

そこでは現在の各社の借金額や収入、月々の出費の金額などを詳細に用紙に記入し、事務員の方から私にあっている債務整理について話をされました。その後、弁護士の方からより詳しい内容に関して説明を受けました。借金の総額がどの程度減額するかという内容はもちろんですが、月々の返済額がどの程度減額するのかも丁寧に説明をして頂きました。

 

私の場合は月々60,000円程度の返済を繰り返しておりましたが、55,000円まで減額となりました。この金額を見ると微々たる額に感じるかと思いますが、当時の私にとっては大きな金額であり、救われた気持ちになりました。自宅に郵送物が送られてくることはなく、家族や友人などには一切知られることなく手続きができました。

 

しかし、デメリットもあります。私の場合は5年で完済するスケジュールですが、その後7年から10年はブラックリストに名前が載り、新規でローンを組むなどはできなくなります。借金が減額するという良いことばかりのはずがありません。今後、私の同じような境遇に陥り、債務整理をお考えの方には、そのようなデメリットもよく考え行動に移していただければと思います。弁護士への相談は無料で行っている事務所が多いので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

近くにないし、直接行くのはちょっと嫌だなという場合、匿名でしかも無料で相談出来るところがあります。

 

>>【街角法律相談所】無料借金減額シミュレーター

 

一人きりで悩まずに まずは弁護士に相談を!

 

過去十年の間に 夫と自身が任意整理 実父母が自己破産を経験した主婦です。
夫が脱サラ それに伴って ベンチャー企業を立ち上げ奮闘。当時 小学生の息子と私のお腹の中には待望の第二子がいましたが 夫自身はもちろん 私たち夫婦は夢と希望に向かって まっしぐらでした。
『ベンチャー企業』現在でこそ よく耳にする言葉ですが 十数年前は あまり聞くことのない職種を差す言葉であったことは間違いなく 実際 なかなか認めてもらえなかったことも否めません。
仕事を進めていく中で 特に『先行投資』とやらにお金がかかり それに見合った報酬が手元に残らないことが ずいぶんと続きました。いよいよ サラリーマン時代の貯金も使い果たし どこから お金を集めようか そこから 地獄のような私たちの借金生活が始まりました。
毎月の生活費が数万円しか入らない。住宅ローンや水道光熱費等 引き落とし分だけで 食べていけない。そんな状況の中 ずいぶんと前に作った数枚のカードでのキャッシング。来月も入ってくるかわからない お給料。それでも次の月には 返済の通知は届くわけで そこから 借金を返すための借金 つまり 自転車操業の始まりです。
来月こそは大丈夫!夫は自分を信じ 私は夫の言葉を信じ 借金地獄に苦しんだ数年。もう限界だ と感じた時 2人で無料法律相談 に足を運び 紹介された弁護士事務所で債務整理の手続きを取りました。幸いなことに その頃には苦しいながらも経営状況が上を向いてきていたので 自己破産や個人再生ではなく 借金の一部は返済するという任意整理を選び 五年の歳月をかけ 何百万とあった借金を全額 完済し 半年程前に 弁護士事務所より完済した旨の通知が届きました。
それと重なるように 自分たちの借金を返済している時 田舎に住む実父から 80歳を越えた数年前に 二千万を越えた借金の支払い命令が届いたと連絡が入ったのです。詳しい話を聞くと 父親が失敗した事業を負債ごと引き受けてくれた会社があったが 今度は その会社が倒産し 支払いが滞ったので なぜか負債の名義人である実父に銀行から支払い命令が届いたというのです。負債ごと会社を売ったにもかかわらず なぜ 銀行の負債の名義が実父なのか 未だに私には理解できず 父親に聞いても 当の本人の説明では納得できなかったので 私は自分たちがお世話になっている弁護士さんを紹介し こちらは失うものはなにもない ということで 自己破産の手続きをし すでに5年が経ちました。
私たちが 弁護士事務所に出向くまでには4年程 かかりました。明日は大丈夫!来月は大丈夫!自分たちを信じる心は とても大切で 決して忘れたくありませんが 根拠のない あてのない信頼は自分たちだけてはなく 周りにいる人たちも不幸にしてしまいます。自分だけ 自分たちだけで悩まずに まずは信頼できる弁護士事務所に出向いてみることをオススメします。必ず 道は開けます。私たちが そうだったように。

 

お金が無い体験談

 

突然の出費は怖い。

 

知人から、悪魔の招待状が届きました。
それは結婚式のお誘いでした。私の結婚式の時にご祝儀目当ててでたくさんの知人、友人を呼んだのですが、そのしっぺ返しがくるかのように、怒涛のご祝儀ラッシュに見舞われたのです。

 

知人が結婚式に参加してくれた際には、3万円を包んでくれたため、同じ金額を包むものの、毎週末やってくる知人の結婚式にさすがに貯金も底を尽きかけていたとき、私は名案を思い付きました。

 

どうしても参加できないようなやむにやまれない事情で断ってしまおう。幸い勤めていた会社が商社で海外出張も多く日本にいない事も多かったため、郵便も局留めにしてしまって招待状を受け取らないようにしてしまおうというものでした。

 

ところが、それもうまくいかないことが多かったんです。
直接電話で参加の確認がきたんです。他愛のない話のあと、そういえば来月の2週目空いてる?などと、尋ねられ空いてるよと答えてしまったのが運の尽きでした。

 

もう、諦めて消費者ローンでご祝儀代を借りて毎週末結婚式に参加することにしました。
主人は、もう行かなくてもいいんじゃないか?そういってくれましたが、付き合いもあるためそういうわけにもいきません。

 

そういう生活が27−29才の間ほぼ毎週続いていました。
ところがある日ぱったり招待状が来なくなり、ほっとしました。

 

ですが、ある日、また届いたんです。赤ちゃん生まれましたのハガキが…。
出産祝いラッシュに巻き込まれていくんです。

 

ギャンブル…

 

私は大学生です。時給950円でコツコツと働いて毎月8万円から十万円稼いでるごく普通の大学生です。趣味はもうタイトルをみてわかると思いますが、ギャンブルです(笑)ほんとにクズな人間ですよね。笑 自分でもクズ人間だと思ってます。でも、やめられないんです。その理由はこの毎月8万円から10万円の給料よりもっと多くしたいからです。増える確率なんて少ないってわかっています。でも、増えた時のことを考えてしまうんですよね。大好きな服を買うことが出来る、大好きなプロ野球観戦がたくさんできる、もうお金があればなんでもできます。だから、勝負するんです。
私はギャンブルの中でも競馬がほんとに大好きです。競馬が大好きになった理由は親の影響です。親は競馬がとても大好きで、収入が高いことに毎週競馬を楽しんでいます。そんな姿をみて、わたしも自分で稼いだお金で賭けてみたいと思うようになりました。競馬をよく知らない人もいると思いますが、競馬は毎週様々な競馬場で行われていて、この年末にはGIレースという、一番大きなレースが毎週行われています。そう。そのレースをいまは毎週かけてしまっています。もう始めたら止まりません。毎週負けて負けて…辛いです。せっかく稼いでもギャンブルで消えてしまう。やめたいけどやめれません。破産してしまう前にやめたいのが今の思いです(;_;)

 

iTunesで音楽を購入する為に出費が大変です

 

iTunesで音楽を購入してから数年以上経ちますが、出費が多くなっています。
iTunesを知らなかった時には、外出してレンタル屋まで行き、CDをレンタルしていました。
しかし今ではそのようにすることがなくなり、変わった点が出てきたのです。
それはコンビニでiTunesのプリペイドカードを購入するということです。
どこでも購入できるプリペイドカードの中でも、家から近いのがコンビニですので、自然と足がコンビニへと歩くようになってしまいました。
コンビニでは様々な額面でプリペイドカードが販売されておりますが、私は必ず1,500円のプリペイドカードを1枚だけ購入するようにしています。
これは、高いプリペイドカードで買うほど楽しみを覚えてしまうからです。
iTunesを使い始めた頃、1回だけ3,000円で購入した時がありました。
しかしその3,000円をチャージした分は1か月程で、音楽を購入する為だけに全てを使い切ってしまったのです。
その時に思ったのは額面を1番少ない額にし、本当に必要な音楽だけを購入するという決意でした。
今でもそれは続けていますが、それでも好みの音楽が多く販売される度にコンビニまで歩いて購入し、チャージをして購入してしまいます。
これからもiTunesがある限り、出費が大変なことになるのでお金の管理には気をつけていきたいです。